中国上海でおすすめの格安ホテルとエリア

この記事では、観光やショッピングに便利な上海市内中心街の近くに位置し、価格帯にして1泊3,000円~5,000円前後の「中国・上海でおすすめの格安ホテル」を実際に私が泊まった感想や体験談をまじえながらエリアごとに紹介しています。

大都市である上海には、数多くのホテルや宿泊施設がありますね。ただし、観光や移動に便利なホテルは一部のエリアに限られてしまいます。しかも安いエコノミーホテルとなると、さらに選択肢は限定されてしまうことに・・・。

『昼間は市内観光やショッピングに忙しいのでホテルには夜に寝に戻るだけ。』
『限られた予算内でもプライバシーが守れて安全なシングルルームを確保したい!』。

そんなホテルを中国・上海で探している方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

上海のホテル

中国一の経済規模を誇る上海には、国内外から毎日多くの旅行客やビジネス客が訪れます。

代表的なオンラインホテル予約サイトでは旅の目的や予算に応じて、5つ星ホテルから格安ホテル,ゲストハウス,民泊など各種宿泊施設の予約が可能です。

例えば、中国資本の「Ctrip」は中国本土のホテル,国内線,鉄道予約に強く、「アゴダ」はアジアのホテルに強いなど各社それぞれに特徴があります。

大手ホテル予約サイト

Agoda(アゴダ)でお得に泊まれる割引クーポンコードの使い方

2018.02.20

日本人旅行者が好んで利用する上海市ホテルエリア

上海市内で日本人旅行者が好んで利用するホテルエリアと言えば観光や買い物、そして移動に便利な

  • 市中心部
  • 上海浦東国際空港周辺
  • 上海虹橋国際空港周辺
  • 上海ディズニーランド周辺

などがあります。

『市中心部』はさらに、

  • 人民広場付近
  • バンド地区(外灘地区)
  • 浦東陸家嘴金融貿易区
  • 虹橋地区
  • 静安寺地区
  • 徐家匯地区
  • 上海駅周辺
  • 魯迅公園周辺

など細かいエリアに分けることができます。

上海おすすめ観光スポット「外灘(ワイタン)」ライトアップされた夜景が人気!

2017.05.08

上海フランス租界1日観光と共同租界

2017.07.04

上海のおすすめ観光「豫園と豫園商城」

2017.12.02

上海のホテル値段相場

おしなべて上海のホテル相場は、中国の地方都市と比べると割高感が拭えないのが実情。消費が旺盛な上海の物価上昇を考えると無理もありませんね・・・。

ホテル予約サイトでは、通常期でゲストハウスは1,000円以下から、格安ホテルは2,500円~5000円程度、日系や5つ星ホテルは約10,000円以上が目安の予算です。

正直、上海のホテルは値段相応、「コスパが高い!」というホテルはあまりないように感じます。安いホテルは不便であったり、清潔感に欠けていたりそれなりの理由が・・・。値段以上の多くを期待しすぎると落胆する可能性が大です。

より清潔で快適、設備の整ったホテルでの滞在を望む場合は、少し予算をプラスして1ランク上のホテルも候補に入れることをおすすめします。

  • ゲストハウス 1,000円前後~
  • 格安ホテル 2,500円~5,000円前後
  • 日系,5つ星などの有名ホテル 10,000円前後~

上海でホテルを探すときの注意点

上海市内を網羅している地下鉄の駅の近くがおすすめ

▲市内を網羅している上海の地下鉄

上海の地下鉄網は急速に発展を遂げています。1号線から17号線まである路線は網の目のように市内から郊外までの広いエリアをカバーし、運賃も初乗りが3元(日本円で約50円)と格安。便利な地下鉄を移動のメイン手段に利用すればタクシーに乗る機会も減り、お財布にもやさしいですね。

おすすめは地下鉄の駅から徒歩圏内のホテルを探すこと。駅前のホテルは宿泊費もそれなりですが、駅から10分も離れると値段もこなれてきます。大きな荷物がなければ徒歩10分程度なら、それほど苦にはならないのではないでしょうか。

宿泊費は定員以内であれば同額

シングルルームでも利用人数定員は2名

中国のホテルを予約する場合、1部屋の定員以内であれば1人で泊まっても2人で泊まっても宿泊費は変わらないことがほとんどです。例えば、利用人数が2人の部屋ならば1人で宿泊しても、あるいは友人同士や恋人、夫婦2人で宿泊しても支払う料金は同額になります。

つまり、2人でシェアしたほうがよりお得に泊まることができますね。ゲストハウスのように大部屋の一区画、または1つのベッドスペースを貸し出す場合でない限り、日本のように1人で泊まった方が安いと言うことはあまりありません。

中国本土の市民限定のホテルに注意

中国本土市民限定の部屋

中国のホテルには、外国人が泊まれないホテルがあります。お得な宿泊料金を提示していても、中国本土に在住している市民しか泊まることができない場合があるので注意が必要です。

窓がない部屋に注意

中国のホテルに多い窓なしの部屋

通常よりもお得な安い料金で泊まれる部屋に「窓なし」があります。構造上、フロアの中央付近に位置している部屋などで窓がついていない、もしくは通路側だけに窓がある部屋になります。

窓なしの部屋のデメリットは、何と言っても窓を開けて空気(外気)の入れ換えができないこと。換気が悪く空気がこもり、湿っぽかったり異臭やカビに悩まされることもしばしば。

▲閉塞感がある窓なしの部屋

実際、私も何度か窓なしの部屋に泊まったことがありますが閉塞感で気分が滅入りました。今では極力、窓なしの部屋は避けるようにしています。

スポンサーリンク

上海で日本語通じるホテルは?

日本人にとって安心して泊まれるのが日本語対応が可能な日系ホテルや有名ホテルです。日本語が通じるスタッフがいれば、旅行中の急病やトラブルなど万が一の場合にも頼りにすることができますね。

上海にもホテルオークラグループの「オークラ ガーデン・ホテル(中国名:花園飯店上海)」「ホテル・ニッコー 上海(中国名:上海日航酒店)」があります。

 

>>> オークラ ガーデン ホテル (Okura Garden Hotel) Agoda

>>> ホテル ニッコー 上海 (Hotel Nikko Shanghai) Agoda

上海駅周辺のホテル

▲上海駅前と構内プラットフォーム

「上海駅」は、地方に通じる高速鉄道(新幹線)と列車の発着駅。巨大なターミナル駅には、地下鉄の「上海火車駅」が隣接しています。上海駅周辺のホテルは、上海と地方都市間の移動日前後などに利用すると便利ですね。

シャンハイ アメーシノ ホテル(Shanghai Amersino Hotel)

「シャンハイ アメーシノ・ホテル(Shanghai Amersino Hotel / 中国名:美兴大酒店)」は、閘北区にある格安ホテル。

上海駅,上海火車駅(地下鉄1,3,4号線)から徒歩で約10分(地下鉄4号線利用の場合は中山北路駅が便利)という好立地がアドバンテージ。

 

>>> シャンハイ アメーシノ ホテル(Shanghai Amersino Hotel)Agoda

上海駅北側から延びる大統路に面するホテル周辺は、まだまだ未開発の下町風情の地域。上海駅から徒歩圏内といってもローカル色が強く残ります。地元の人との交流が苦にならず楽しめる方におすすめのホテルです。

近辺にはコンビニやスーパー,飲食店も多くあり食事やちょっとした買い物に不便はありません。

広々としたフロント。ホテルは6階建てで客室数は120。

写真は12㎡のスタンダードクイーンルームです。室内はこじんまりまとまって、必要にして十分な設備が揃っていました。

値段相応のホテルですが、上海駅から徒歩圏内というロケーションが最大の魅力です。

バオロン ホームライク シャンハイ レイルウェイステーションブランチ

バオロン ホームライク シャンハイ レイルウェイステーションブランチ / 中山ブランチ(Baolong Homelike Shanghai Railway Station Branch / 中国名:宝隆居家酒店 上海火車站中山北路店)」の最寄り駅は、地下鉄4号線の「中山北路駅」。上海火車駅から一つ目の駅になります。

 

>>> バオロン ホームライク シャンハイ レイルウェイ ステーション ブランチ
(Baolong Homelike Shanghai Railway Station Branch) Agoda

「中山北路駅」を下車、すぐ目の前に見える高架高速道路(内環高架路)が頭上を走る中山北路を西方面に歩くこと約10分。大通り沿いにホテルが見えてきます。

「レイルウェイステーションブランチ」は、バオロン ホームライク・ホテルの支店の一つ。7階建てのホテルの客室数は112室。

くたびれた外見のわりに、内装はメンテナンスされている印象でした。ロビーでは、上海および周辺都市への観光ツアーの申し込みが可能です。

私が泊まった部屋はファッションクイーンルーム。室内の広さは25m²。十分な余裕がありました。

このホテルも総合的にはやはり値段相応ですね。アドバンテージは広い部屋。なお、同じビル内に小さなスーパーがありますが、周辺には飲食店やコンビニはあまりないのでご注意を。

「バオロン ホームライク」のそばには「ハンティン・ホテル(コーチ ターミナル ブランチ)」があります。

 

>>> ハンティン ホテル シャンハイ コーチ ターミナル ブランチ (Hanting Hotel Shanghai Coach Terminal Branch) Agoda

中国の格安ホテルチェーン店

2018.02.18

上海ホテルおすすめエリア

虹口 / 魯迅公園周辺

ジェンティング スター シャンハイ

「ジェンティング スター シャンハイ(Genting Star Shanghai / 中国語名:上海雲頂之星虹口店)」は、虹口地区にある格安ホテル。最寄り駅の地下鉄3号線「大柏樹駅」からは徒歩で約10分。

「大柏樹駅」は魯迅公園と上海申花のホームスタジアム「上海虹口足球場」がある「虹口足球場駅」から2つ目の駅です。

 

>>> ジェンティング スター シャンハイ (Genting Star Shanghai) Agoda

ホテルは、中山北一路(逸仙高架路)に面した場所にあります。周辺には病院や公園、そして復旦大学,上海外国語大学,同済大学(四平路校区)などの有名大学があり、学生の多いゆったりとした雰囲気の漂う地域です。

ホテル部屋総数は172室。フロントや部屋はカラフルでポップなイメージ。

室内にはデスクトップコンピューターが設置されていました。

中心部からは少し離れていますが、安定して安い部屋を見つけることができるホテルです。

人民広場付近

シャンハイ チュンシェンジャン ホテル

「シャンハイ チュンシェンジャン・ホテル(Shanghai Chunshengjiang Hotel / 中国語名:春申江賓館)」は、上海を代表する繁華街「南京東路歩行街」と浙江中路の交差点に位置します。

最寄り駅は地下鉄1,2,8号線「人民広場駅」。ショッピングに最高のロケーション。

 

>>> シャンハイ チュンシェンジャン ホテル (Shanghai Chunshengjiang Hotel)  Agoda

ホテルは忙しい商業地域の一角にあり、客室数は73。

私が泊まった部屋は10m²のシングルルーム。部屋は清潔に保たれており、室内でも快適に過ごすことができました。唯一の難点は、部屋とバスルームが狭いことです。

ホテルは上海市中心部にあり、観光やショッピングなどどこに出かけるのも便利なロケーションにあります。宿泊料金も適正でおすすめできるホテルの1つです。

徐家匯地区

上海 シンフイホテル(上海新恵賓館/Shanghai Xinhui Hotel)

旧フランス租界の落ち着いた雰囲気が特徴の徐家匯地区にあるのが「上海 シンフイホテル( Shanghai Xinhui Hotel/ 中国語名:上海新恵賓館)」。周辺はプロサッカーチーム「上海上港」のホームグラウンド上海体育場と上海体育館,上海大舞台などの大型施設が集中している地域です。

 

上海 シンフイ ホテル (Shanghai Xinhui Hotel)  Agoda

ホテルの最寄り駅は、地下鉄11号線「上海遊泳館駅」。プラタナス並木を歩くこと約10分弱の中山南路にあります。

中心部の観光エリアからは、少し離れますがその分落ち着いた雰囲気の中でリラックスできるホテルです。

客室数は126。1階のエレベーター乗降口にはセキュリティが待機しており、セキュリティ面でも安心感がありました。

部屋は清潔に保たれ、調度品もしっかりしたものが使われていました。


旧フランス租界の徐家匯地区にホテルを探している方におすすめです。

上海の格安ホテルのまとめ

この記事では、上海のホテルを予約するときの注意点と私が実際に泊まったホテルをいくつか例に挙げてみました。いかがだったでしょうか?

中国の格安ホテルに泊まると、残念に感じることが度々あるのが清掃が行き届いていないことです。ベットの汚れ、水回りの垢や黒カビ,髪の毛など衛生面で心配になることもしばしばです。

正直、格安ホテルに泊まる場合は「寝るだけ」などある程度割り切った気持ちで泊まる必要があるのも事実ですね(苦笑)。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です