水原観光 世界遺産「水原華城」の行き方と回り方,見所

水原華城

水原華城

ソウルを観光をした時に、ソウル近郊にある「水原市(スウォン)」まで足を延ばしてみました。目的はユネスコ世界文化遺産の「水原華城(スウォンハソン)」を観光することです。

ソウル駅から水原までは地下鉄で約1時間の道のり。日帰り観光も十分に可能な距離ですが、今回は城郭建築遺跡をゆっくり観て回ることにして水原駅近くにホテルをとりました。

この記事では、水原駅周辺の様子や「水原華城(スウォンハソン)」の行き方や回り方,見所などをレポートします。

スポンサーリンク




「水原(スウォン)」の地図と場所

水原市はソウルの南方、約35キロに位置する京畿道(キョンギド,けいきどう)の道庁所在地、人口約120万人を擁する中核都市です。

水原の味と言えば「水原カルビ」がよく知られていますね。その水原カルビの発祥の地は、華城観光の拠点になる八達門そばの「栄洞市場」だったそうです。

水原市へのアクセス

ソウルから水原へは、地下鉄,韓国鉄道公社(KORAIL),バスなどで行くことができます。

私は、今回の旅では地下鉄を利用。ソウル駅から水原駅までは地下鉄1号線で約1時間、乗換をすることなく行くことができます。料金はT-moneyカードを利用して1,850ウォン(現金1,950ウォン)。

なお、韓国鉄道公社(KORAIL)のセマウル号やムグンファ号を利用すれば約30分でアクセスが可能です。

ホテル送迎付きの水原華城ツアー

自力で水原華城に行くのも楽しいですが、ご年配の方やお子様連れなどご不安がある人、せっかくだからもっと水原華城について知りたいと思ってる人に、タビナカの半日ツアーがおすすめします。

現地在住の日本語ガイドがホテルに迎えてくれるし、水原華城など現地の情報も教えてくれますよ。

水原華城+華城行宮 2ヶ所を訪れるツアー

【世界遺産2ヶ所!】水原華城&華城行宮を巡る半日観光!<日本語ガイド|ホテル送迎付き>

水原華城のみ訪れるツアー

【壮大な世界遺産!】「水原華城」で歴史散策の観光ツアー!<ホテル送迎|日本語ガイド付き>

水原駅

水原駅前ロータリー

水原駅前ロータリー

華城への玄関口となる「水原駅」は2002年から2003年にかけてリニューアルされたあか抜けた近代的な駅ビルが特徴。テナントにはレストランや各種ショップ,百貨店「AK PLAZA」などが入居しています。

また、反対側の西側出口にはロッテデパートがある大きな駅です。

駅前観光案内所

水原観光案内所

水原観光案内所

水原駅4番出口を出た駅の並びに「水原観光案内所」があります。水原の観光案内図がのっている日本語の「水原観光パンフレット」を無料で配布しています。観光前に是非立ち寄ってみて下さい。

なお、案内デスクでは日本語での対応も可能ですが、私が訪れたときは担当者が不在で英語と中国語のみ案内でした。

水原観光の日本語パンフレット

水原観光の日本語パンフレット

水原シティツアー

観光案内所では、シティツアーの申し込みを受け付けています。

水原シティツアーは、火曜日から日曜日までの9:50と13:50 の出発で、所要時間は約3時間。日帰り観光におすすめのツアーです。

出発時間 所要時間 料金(大人)
水原シティツアー
(火~日曜日)
9:50,13:50 3時間 11,000ウォン
水原・光明1日コース
(土曜日)
9:30 7時間 16,900ウォン
水原・華城1日コース
(日曜日)
9:30 7時間 14,900ウォン

水原シティツアー

水原駅4番出口前からは韓国民俗村行き(所要時間約30分)の無料シャトルバスも運行されています。

韓国民俗村

水原駅前商店街

水原駅前商店街

水原駅前の長い商店街

水原駅東側出口の駅前広場(バスロータリー)を越えたところには長い商店街があります。八達門方面にまっすぐに伸びた通りには、レストランやゲームセンター,コスメショップなどが並ぶとても賑やかな通りになっています。

水原でのホテル

ジー ステイ マル ホテル(G-Stay Malu)

「ジー ステイ マル ホテル(G-Stay Malu)」外観

「G-Stay Malu Hotel」外観

今回、私が水原で泊まったホテルは「ジー ステイ マル ホテル(G-Stay Malu)」

駅からは徒歩で約10分、東口の駅前商店街を通り抜けたホテルが並ぶ地域の一角にあります。ホテル裏手にはコンビニエンスストアもある便利な立地で、客室数28のこじんまりとした新しいホテルです。

「ジー ステイ マル ホテル(G-Stay Malu)」の部屋

部屋はおしゃれでシンプル。何よりもとてもきれいで、快適に過ごすことができました。なお、予算は約4,000円です。

Expedia「ジー ステイ マル ホテル」

スポンサーリンク

水原華城の概要と歴史

「水原華城」は、ユネスコ世界文化遺産に登録されている城郭建築遺跡。ソウル市内に2つある世界遺産の一つ「昌徳宮」と同じ1997年12月に登録されました。

朝鮮王朝第22代正祖(チョンジョ)によって建設された華城は、約220年前の1794年1月に着工、約2年半後の1796年9月に完成。城の周囲は約5.7キロ、面積は130ヘクタール(東京ドーム約28個弱)と広大です。

戦乱や朝鮮戦争で多くの施設が消滅し城郭も破損しましたが、1975~1979年にかけて当時の築城のまま修復されたそうです。

ソウルの世界遺産「昌徳宮」と「景福宮」の場所や営業時間、入場料は?

2017.10.08

ソウル世界遺産「宗廟(そうびょう)」のアクセスと宗廟大祭

2017.09.28

観覧料金

水原華城の観覧料

水原華城の観覧料

水原華城 統合券
大人 1,000ウォン 3,500ウォン
学生
(13才~19才)
700ウォン 2,000ウォン
子供
(7才~12才)
500ウォン 800ウォン

統合券は、水原華城,華城行宮,水原博物館,水原華城博物館の観覧が可能な4種チケットです。

水原華城の行き方と回り方

▲水原華城の地図(クリックで拡大)

水原駅の東側に広がってい「水原華城」の外周は約5.7キロ。城壁内にはどこからでもアクセスが可能ですが、私は水原駅前の観光案内所ですすめられた「八達門(南門)」をスタート地点にして反時計回りに遺跡巡りをしました。

遺跡巡りをした順番は

  1. 八達門~栄洞市場
  2. 練武台 (東将台),フライング水原,国弓体験
  3. 華虹門, 訪花随柳亭
  4. 長安門
  5. 華西門
  6. 華城行宮(新豊楼)

です。所要時間はのんびりと見て回ったので約4時間ほどかかりました。以下に、八達門から華城行宮まで時系列でどんなところか列挙していきます。

八達門

八達門

「八達門」宝物第402号

まずは、スタート地点「八達門(南門)」。八達門は4大門の一つで、交通量の多いロータリーの真ん中部分に凜として佇んでいます。八達門という名前は、四方八方に道が開かれるという意味が込められているそうです。

私はホテルから徒歩で行きましたが、水原駅から行く場合は、バスの利用が便利だと思います。

水原駅から八達門行きのバス

  • 11,13,36,39番
華城4大門は、八達門(南門),長安門(正門) ,華西門(西門),蒼龍門(東門)です。

栄洞(シードン)市場と八達門市場

八達門の東側からそばを流れる小川までの一帯は、地元の人が多く集まる栄洞市場と八達門市場があります。

その栄洞市場で白菜入りカルビスープを売っていた「華春屋」が、カルビ焼きを売り出して有名になったのが水原カルビの始まりだそうです。

練武台 (東将台)

練武台

練武台

私が華城で一番気に入った場所は、丘の上にある「練武台(東将台)」です。城内を見渡すことができる景色がすばらしく、さわやかな風がとても心地よく感じました。

練武台(東将台):兵士の訓練と指揮をする将台

国弓体験

国弓体験

国弓体験

練武台では韓国ドラマでもよく見る韓国伝統の「国弓(クックン)」を体験することできます。

料金:1回2,000ウォン(10本)

華城御車

華城御車

華城御車

国弓体験の近くには、「華城御車」の発着場があります。朝鮮王朝時代の御輿をモチーフにした華城御車に乗って城内を巡ることができるアトラクションです。

料金:大人3,000ウォン,学生2,000ウォン,子供1,000ウォン

フライング水原(ヘリウム気球)

フライング水原

フライング水原

城壁を出たところにある広場では、最大150メートル上空から水原市をながめることのできるヘリウム気球「フライング水原」の体験も可能。

料金:18,000ウォン(成人)

華虹門(北水門) と訪花随柳亭

華虹門と 訪花随柳亭

華虹門(左下)と 訪花随柳亭(宝物第1709号)

城壁を散歩しながら次に訪れたのが「訪花随柳亭」。写真左下には、水原川にかかる石橋の上に建てられている「華虹門」が見えます。

訪花随柳亭(東北角楼):周辺を見張りながら兵士を指揮する指揮所

長安門(チャンアンムン)

華城の北門「長安門」

華城の北門「長安門」

「長安門」は華城の北門、そして正門でもあります。現存する韓国城門の中では、最大の城門。長安門は首都を意味し、民が平和に暮らせるようにという願いが込められているそうです。

長安門の屋根細工

長安門の屋根細工

2層になった屋根細工と色使いが繊細でとてもきれいですね。

華城行宮(新豊楼)

最後に訪れたのが「華城行宮」、朝鮮王朝時代で最大規模の行宮(王が地方に行ったときに使用する宮殿)です。『イ・サン』,『宮廷女官チャングムの誓い』など数多くの韓流ドラマがロケ地になったことでも知られています。

観覧料:大人1,500ウォン,学生1,000ウォン,子供700ウォン

韓国文化財庁「水原・華城(スウォンハソン)」
水原文化財団

所要時間と水原華城の見学を終えて

ソウルから地下鉄で約1時間の場所にある水原は、緑がとても豊かな場所でした。水原華城は敷地がとても広く、ゆっくりとハイキング気分で楽しむのがいいと思います。

所要時間はコースにもよりますが、ゆっくり回れば半日から1日、急いで回っても2~3時間は余裕でかかると思います。城壁ずたいに歩く行程は、アップダウンが多くとてもいい運動になります。スニーカーなど動きやすい靴で観光することをおすすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です