バニラエア ホーチミンに続いてセブ島に就航!

格安航空会社(LCC)のバニラエアは13日、台北ーベトナム・ホーチミン線に次ぐ新路線としてリゾート地として有名なフィリピン・セブ島に就航することを発表しました。

vanilla-cebu

バニラエアが選択した次の就航地はなんとセブ島!本邦キャリア初の定期便!

東京/成田ーフィリピン/セブ線は、12月25日(日)に就航予定で、明日15日(木)18:00からチケット販売を開始。直行便でマクタン・セブ国際空港を利用します。機材はエアバスA320-200型(180席)。

今までの就航地と大きく異なる点は、セブ島がリゾート地であるということ。セブ島は避暑地として人気があり、エメラルドグリーンの海や美しいビーチ、マリンスポーツで有名。

バニラエアにとって国際線7線目、レジャー路線は初めてとなります。

成田ーセブ間は、約3,257キロ(2,024マイル)

■料金(片道)
*諸税、支払い手数料が別途必要

路線 コミコミバニラ シンプルバニラ
東京(成田)ーセブ 17,890円 14,890円~

■東京(成田)ーセブ

便名 曜日 期間 時間
JW603 デイリー 12/25~2/18 13:20ー17:35
JW691 デイリー 2/19~3/25 14:45ー19:00

■セブ-東京(成田)

便名 曜日 期間 時間
JW602 デイリー 12/26~3/25 10:55ー16:25

往路、復路ともに乗りやすい時間帯に設定されています。

日本とフィリピンの時差は1時間です。(フィリピン時間は日本時間の-1時間)。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です