ベトナムでおすすめのプリペイドSIMカード 

ベトナムのプリペイドSIMカード
「Xin Chao!(シンチャオ)」。今回は東南アジア・ベトナムで使えるプリペイドSIMカードをご紹介します!

不思議な感じがしますが、日本の大手ネットショッピングでは現地の販売価格より安い、もしくは同額程度で売られている海外プリペイドSIMカードが少なからずあります。しかも一枚からでも送料無料!

有効期限が短いなどの理由でディスカウントされているわけでもなく、あくまでも定番の商品が安定して安値で販売されています。ベトナムで使えるSIMも安価で買える商品が複数ありますね。

ならば渡航前に日本で買わない手はないですよね!飛行機が現地に到着した瞬間から使えるし、到着後の喧騒の中でSIMカード購入に手間暇がとられることもないですよ。




ベトナムの空港のSIMカードの値段

バンコクのSIMカードブース

バンコクのSIMカードブース

現地の空港でSIMカードを購入する最大のメリットは安心感です。料金を支払えば、販売員が慣れた手つきでSIMの交換とAPNのセッティングをし通信できる状態にまでしてくれます。

一方のデメリットといえば、プランが限られていることと料金設定が高めなこと。さらには混んでいる上に、異国で言葉が通じなければ言いなりになってしまうこともあるかもしれません。

もちろん、高めとは言っても日本の携帯キャリアの国際ローミングサービスを使うことを考えれば断然お得です!

現地のSIMカードを使うには、現地通信会社の周波数帯(バンド)に対応したスマホやポケットWi-Fi、すなわち「SIMフリー端末」と呼ばれるSIMロックがかかっていない端末とAPN(アクセスポイント名)の設定変更が必要です。

ハノイ・ノイバイ国際空港

ハノイ・ノイバイ国際空港SIMカウンター

ハノイ・ノイバイ国際空港SIMカウンター

ハノイ・ノイバイ国際空港到着エリアにある両替とプリペイドSIMカード販売ブース。到着エリアには大手通信会社のSIMカード取扱店が複数ありました。

ハノイ・ノイバイ国際空港でのベトナムSIM価格表

ハノイ・ノイバイ国際空港SIM価格表

ハノイ・ノイバイ国際空港SIM価格表

この店の取り扱いキャリアは「モビフォン(mobifone)」と「ベトテル(Viettel)」です。プランは5つでSIM価格(2019年7月)は250,000ベトナムドン(11USドル)~300,000ベトナムドン(13USドル)。

ベトナム・モビフォン(mobifone)SIM

ベトナム・モビフォン(mobifone)SIM

ダナン国際空港

ダナン国際空港SIMカウンター

ダナン国際空港SIMカウンター

こちらはダナン国際空港のプリペイドSIMカード売り場。入国審査を過ぎてすぐ、バゲージクレームと通路を挟んで複数の店舗があります。

ダナン国際空港でのベトナムSIM価格表

ダナン国際空港SIMの値段

ダナン国際空港SIMの値段

SIM価格(2020年1月)は、8日間のプランで180,000ベトナムドン(約900円)、30日のプランが190,000ベトナムドン(約950円)でした。通信キャリアはビナフォン(Vinaphone)。

ダナン国際空港SIMの値段

ダナン国際空港SIMの値段

別のカウンターでは、通信キャリアは同じくビナフォン(Vinaphone)で料金はほぼ横並び。ただし容量と利用日数に違いがありました。

ベトナムの大手通信キャリア

ベトナム・モビフォン(mobifone)

ベトナム・モビフォン(mobifone)

ベトナムの通信会社には、「ベトテル(Viettel)」、「ビナフォン(Vinaphone)」、「モビフォン(mobifone)」、「ベトナモバイル(Vietnamobile)」、「Gモバイル(Gmobile)」などがあります。

ベトテル、ビナフォン、モビフォンの業界大手3社がシェアのほとんどを占めています。

ベトナムでおすすめのSIMカード

モビフォン(mobifone) ベトナムプリペイドSIM

 ベトナム・モビフォン(mobifone)プリペイドSIM

ベトナム・モビフォン(mobifone)プリペイドSIM

ベトナム大手通信会社「モビフォン」のSIMカードです。この他に通話ができるパッケージもあります。大手通信会社なので安心感がありますね。

「mobifone」ベトナムSIMのスペック

  • 利用日数:30日
  • 容量:10GB(容量を超えると128kbpsに速度が低下)
  • SIMサイズ:標準・マイクロ(micro)・ナノ(nano)
  • 周波数帯(バンド):【4G】1800MHz ・900Mhz、【3G】2100MHz・850Mhz

APN

  • 名前:mobifone
  • APN:m-wap
  • ユーザー名:mms
  • パスワード:mms
  • 認証方式:CHAP

SIM開通には、APN設定完了後「900」に発信、端末の再起動が必要です。

ベトナモバイル(Vietnamobile) ベトナムプリペイドSIM

ベトナム・ベトナモバイルのSIM

ベトナム・ベトナモバイルのSIM

ベトナモバイル(Vietnamobile)はべトナムでは後発の通信会社です。ベトナム通信大手3社に比べると大きくシェアを落とします。

商品の特徴は容量が大きいことに加えて価格がダントツに安いこと。私がベトナムを訪れるときはほとんどこのSIMを利用していますが、大都市で通常の使用レベルでは十分に許容範囲だと思います。ただしハイスピード・ハイクオリティを求める場合は大手キャリアのSIMの方が無難だと思います。

いままでに使ったことがある場所:

  • 北部:ハノイ、ハロン湾
  • 中部:ダナン、フエ、ホイアン
  • 南部:ホーチミン、フーコック島

「Vietnamobile」ベトナムSIMのスペック

  • 利用日数:20日
  • 容量:60GB(1日のデータ量が3Gを超えると128kbpsに速度が低下)
  • SIMサイズ:標準・マイクロ(micro)・ナノ(nano)
  • 周波数帯(バンド):【4G】2100MHz ・1900Mhz、【3G】2100MHz・1900Mhz

APN

  • 名前:Vietnamobile
  • APN:internet
  • ユーザー名:空欄
  • パスワード:空欄
  • 認証方式:CHAP

AIS「SIM2FlY」

タイAISのSIM2FlY

タイAISのSIM2FlY

タイの大手通信キャリアAISが販売する「SIM2FlY」は、旅行者に便利で有名なSIMです。LINE PAYを使って簡単にチャージができ長期に渡って番号を保持することができる使い勝手のよさも人気の理由。

「Asia & Australia」パッケージはアジア中心に20カ国以上で使うことができる便利なプラン。ベトナムに加えてラオス、カンボジアなどの周辺国を訪れる場合におすすめです。

「China Unicom」の東南アジアSIM

China Unicom「東南アジア」プリペイドSIM

China Unicom「東南アジア」プリペイドSIM

「China Unicom 東南アジアSIM」は、香港・マカオ・シンガポール・タイ・マレーシア・ラオス・インドネシア・フィリピン・カンボジア・ベトナム・ミャンマーの11か国で利用が可能。容量3GBで利用日数は8日間です。「東南アジアSIM」同様に複数国に跨って使える「AISのSIM2FLY」よりも価格が低めに抑えられています。

海外WiFiレンタル

家族旅行などの大人数、複数の機器へ接続する必要がある場合などは海外WiFiレンタルも候補の一つになりますね。

ベトナムの空港でピックアップ

「KLOOKS」などでオンライン予約すれば空港でスムーズにSIMが受け取れて便利です。

最後に

オンラインショッピングでプリペイドSIMを購入するときはSIMの有効期限に注意してくださいね。短い場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です